くすみ解消ガイド TOP → くすみの基礎知識 くすみとは

くすみとは

くすみとは肌がなんとなく暗く見えたり、疲れたように見える症状のことです。くすみは長い年月をかけて少しずつ顔全体の色が暗くなっていくことによって起こります。ですから自分ではなかなか気づかないことも多いかもしれません。しかし年齢を追うにつれてくすみは現れるものなのです。

くすみは自分では分かりにくいことも多いものですが、首の色と顔の色が違っていたり、額の色と髪の毛の生え際の色が違っているなど、気にして見てみるとくすみが出ていることがあります。

くすみとは血行不良によって顔が暗く見えたり、皮脂が酸化することで黒ずんで見える状態のことです。クレンジング不足などでファンデーションの油分が残ったままだと、その油分が酸化して黒ずんでみえることもあります。これもくすみです。

朝にメイクするときは透明感があっても、夜になると黒ずんでくすんでしまうなんてことがあります。これはこの肌の皮脂が酸化することでおこるものです。軽いくすみであればきちんと洗顔することでとれるものですが、くすみを放っておくと洗顔のみで取れなくなってしまいます。メイクをしたまま寝たり、拭くだけのシートタイプのクレンジングで済ませたり、またすすぎをちゃんとせず、メイクが残ったままだとくすみが残ってしまいます。

くずみと似ているしみですが、違いはしみが肌内部から現れるものに対して、くすみは肌表面から現れるものであるということです。また、くすみは肌のみに限らず、唇にも現れることがあります。正しいケアを行ってくすみのない透明な肌を目指しましょう。

くすみの基礎知識


事務服 ジャケット
事務服のジャケットなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

タキソテール 副作用
タキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!