くすみ解消ガイド TOP → くすみの基礎知識 くすみの原理

くすみの原理

くすみの原理としてはくまと同じようにできることが多いです。これは角質が厚くなることによって肌の透明感が失われてしまう現象です。原因としては毛細血管に通っている血液が、厚い角質によって見えにくくなるからです。

このようにくすみは肌の角質層が厚くなることによって引き起こされます。肌の角質層が厚くなってしまうことを角質肥厚といいます。角質肥厚になると、角質が厚くなるので毛穴が大きくなり溝も深くなってしまいます。そうなると毛穴に汚れや皮脂がどんどんたまっていくのです。

毛穴に汚れや皮脂がたまっていくことで黒ずみとして目立ち始めます。くすみは角質が厚くなることによってたまった皮脂が原因となります。このようにして分泌された皮脂は、時間がたつと酸化して過酸化脂質になります。

過酸化脂質は色素沈着を起こすものなので、増えれば増えるほど肌がくすみ、ハリを失って老化していくのです。また、過酸化脂質は真皮の弾力繊維をも破壊してしまうので、シワの原因にもなります。

過酸化脂質は、オイルを含む化粧品を使用したり、肌の新陳代謝の衰えなどによって作られてしまいます。化粧品に含まれるオイルや皮脂は5〜6時間で酸化して、過酸化脂質になります。また紫外線を浴びることは皮脂の酸化を加速させてしまいます。

くすみを防いで美しい肌を保つためには紫外線対策を行い、余計な油分を控えて過酸化脂質をつくらないことが大切です。必要でなくなったメイクは洗顔で過酸化脂質をなるべく早く取り除きましょう。

くすみの基礎知識


http://www.pethoteltokyo.com/
ペットホテルを東京で

ナースシューズ
ナースシューズならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!