くすみ解消ガイド TOP → くすみの原因 紫外線

紫外線

くすみの原因としては紫外線はとても重要です。紫外線にあたると表皮の一番下にある基底層であるメラノサイトでメラニン色素を活性化してしまいます。これによって表皮角化細胞にメラニン色素を過剰に作らせてしまうのです。

紫外線によってくすみが生じると皮膚全体が日焼けのように黒ずんで見えたり、茶色く見えてきます。 紫外線を過剰に浴びたり、紫外線対策を怠ってしまうと、紫外線B波が表皮角質細胞にメラニンを生成して、シミやくすみの原因となります。また紫外線は皮膚細胞の遺伝子を破壊したり、酸化によって皮膚に錆を生じさせてしまうので、表皮の角質のターンオーバーを遅らせて角質肥厚を起こし、くすみを生じさせます。

また紫外線A波は皮膚の奥深くの真皮にまで到達するので、真皮に存在するコラーゲン線維やエラスチン線維を壊してしまいます。こうなると皮膚の土台が崩れてしまうことになるので弾力性が失われてたるみを生じさせることで皮膚表面が凸凹になり、くすみの原因となってしまいます。

対策としてはなるべく1年を通じて紫外線対策を心がけましょう。紫外線は一年中降り注いでいますし、特に紫外線A波は窓ガラスも透過し肌の奥深くまで影響を及ぼします。出かけるさいには日焼け止めを使用して、こまめに塗り直しましょう。また紫外線が強い時間帯である11時〜15時までの間はなるべく外出を避けることをおすすめします。どうしても外出しなければいけない場合には日焼け止めを塗り、帽子や日傘などを活用して紫外線対策を徹底しましょう。

くすみの原因


イモバックス 添付文書
イモバックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!