くすみ解消ガイド TOP → くすみの原因 ホルモンバランス

ホルモンバランス

ホルモンバランスを崩してしまうことによってくすみを引き起こしてしまうことが有ります。これはホルモンのバランスを崩してしまったことによってメラノサイトというメラニンを作る部位が過剰に作用してしまうことが原因となっています。

女性の体はすべて女性ホルモンでコントロールされています。それは体だけではなく、心もお肌も同じことが言えます。肌の弾力低下、乾燥、シワやたるみ、クスミや吹き出物、シミなどの肌トラブルはすべて女性ホルモンに左右されるものがほとんどです。

この女性ホルモンが40歳代から急激に低下していきます。この年代は本格的なエイジングケアが必要となります。そしてこの時期の肌質改善には、女性ホルモンとの関係を考慮することが重要となります。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、卵巣が分泌するホルモンです。思春期に急激に分泌量を増加させます。そして20代、30代の年代ではだいたい安定していますが、40代から40代後半になるにつれ、どんどん分泌量が減少していきます。さらにコラーゲンやヒアルロン酸の生成が減少して、たるみや深いシワ、乾燥が本格化していきます。

エストロゲンの低下は皮膚に大きな影響をもたらします。コラーゲンやヒアルロン酸の生成が減少していって、肌が弾力と保湿力を失うことで皮膚のたるみやシワ、くすみとなってあらわれてしまいます。

しかしエストロゲンの低下は、更年期だけではありません。ストレスなど何らかの影響で月経前後にホルモンバランスが崩れることによって、メラニン色素の生産が高まることも考えられるのです。

くすみの原因


那須 ペットホテル
那須のペットホテルなら那須の本格的な英国カントリー風の宿【ラピステ】で!

アンカロン 添付文書
アンカロンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

省エネ 山形
こちらで

貸会議室・貸し会議室・大阪・大阪市
こちらで