くすみ解消ガイド TOP → くすみの原因 高齢

高齢

やはり高齢になるほどくすみが発生しやすくなることは事実でしょう。これは高齢になるほど新陳代謝が滞りがちになることが関係しています。これによってメラニン色素がなかなか排出されにくくなってしまい、その結果しみができやすくなるのです。

高齢が原因のくすみは、肌の表面が角質肥厚によって余分な角質が増えて厚く硬くなってうす茶色のくすみを生じます。

恒例によって肌のたるみやシワを感じるようになってきたり、寝不足が続いて疲れが取れなかったり、肌全体に衰えを感じるようになってきたら注意が必要です。 なぜ歳をとるとくすみをしょうじるのでしょうか。それは加齢とともに肌も老化することで、コラーゲンやヒアルロン酸などの生成力が減ってしまうからです。これらの生成が減ることで肌は弾力や水分保持力を失って、皮膚の新陳代謝が低下します。そうすると肌が新しく生まれ変わる周期が長くなり、古い角質が残ってしまうようになります。こうしてくすみが生じるのです。

高齢によるくすみ対策には、まずは食生活を改善すること。皮膚の新陳代謝を活発にするためにビタミンAやカロテンを積極的に摂りましょう。また肌を酸化させないためには抗酸化力の高いポリフェノール、ビタミンCなどを含む食品が重要です。

また美肌成分を多く含んでいる美容液で、皮膚表面からも栄養を補給してあげ、皮膚の新陳代謝を正常な状態に保つようにしましょう。そして十分な睡眠時間はくすみ対策ではとても大切です。特に成長ホルモンの分泌が盛んに行われる夜10時から午前2時ごろまでは、美肌が育つ重要な時間帯です。

くすみの原因


バーベキュー レンタル
《BBQ(バーベキュー)レンタル》東京都内近郊、格安食材有り!手ぶらバーベキューなら設置から片付けまでお任せのBBQわーるど!