くすみ解消ガイド TOP → くすみの原因 喫煙

喫煙

喫煙の習慣や食事バランスなどもくすみの発生を促す原因となる場合が多いと言えるでしょう。これは喫煙の習慣や食事バランスなどが崩れていると体内のバランスも崩れやすく、ホルモンやメラニンの生成に影響を与えてしまうためです。

喫煙によるくすみは、肌全体が茶色っぽくなり、また唇にまで茶色っぽいくすみを生じることがあります。タバコを吸う人は十分に注意を心がけましょう。

喫煙が原因で生じるくすみの原因は、タバコに含まれているニコチンが、皮膚の毛細血管を収縮させることで血行を悪くしてしまうからです。タバコによって血行が悪くなると、皮膚に十分な栄養や酸素が行き届かなくなってしまい、老廃物が溜まりやすくなります。血行が悪くなることで肌は本来の明るさを失って暗くくすんで、顔色が悪く見えるようになります。

またタバコ1本吸うごとに2mgのもビタミンCが失われてしまいます。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える働きをし、抗酸化力も強い美肌成分です。そのためビタミンCが失われてしまうということはくすみだけでなくシミなど様々な肌トラブルの原因にもなります。さらにタバコには発ガン性の化学物質を多く含んでいることもあり、皮膚細胞を破壊するだけでなく健康自体にも影響を及ぼしてしまいます。

対策はなによりも早く禁煙することが大切です。なかなか喫煙がやめられないのであれば、失われたビタミンCを、食生活やサプリメントでこまめに補給するようにしましょう。

くすみの原因