くすみ解消ガイド TOP → くすみ対策 禁煙

禁煙

喫煙とくすみはとても関係が深いと言えるでしょう。もし現在喫煙の習慣があれば、まずは禁煙することをおすすめします。喫煙は毛細血管を収縮させて、血液の流れを悪くしてしまうので肌をくすませてしまいます。その他にもたばこによって肌は様々な影響を受けてしまうのです。

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあり血行不良を引き起こして、肌の毛細血管まで血液が流れにくくなってしまいます。そのため肌の細胞に栄養が行き届かなくなり肌は栄養不足になってしまうのです。そして肌の新陳代謝が悪くなってくすみを生じるようになります。

タバコの煙に含まれる活性酸素はビタミンCを破壊してしまいます。活性酸素によって細胞膜が酸化したりコラーゲンが壊れてしまううえに、コラーゲンを生成するのに大切なビタミンCがどんどん減っていくのです。またタバコの煙に含まれる一酸化酸素は、血液中のヘモグロビンと結合するのでモグロビンが酸素と結合するのを邪魔してしまいます。そのため、血液が酸素を運べずに酸欠になって新陳代謝はさらに悪くなってしまうのです。

タバコは細胞のDNAを壊してガンの原因となる発ガン物質を含んでいます。発ガン物質によってDNAが壊れるとそれを修復するのに時間がかかるため肌のターンオーバーが遅くなってしまい、肌の再生に時間がかかるようになります。

上記以外にもタバコが肌に及ぼす影響はたくさんあります。禁煙することは肌や美容の悪循環を止めることになり、禁煙することで肌は活性化し、ターンオーバーが正常になってくすみのないキレイな肌になるでしょう。

くすみ対策


プラビックス 添付文書
プラビックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!