くすみ解消ガイド TOP → くすみ対策 疲れをとる

疲れをとる

疲れをためずに、きっちりと休息をとることはお肌にはとても大切なことです。不規則な生活は自立神経の乱れにつながります。この自律神経の乱れによってお肌はもちろんさまざまな悪影響がやってくるのです。

栄養が偏った食事や不規則な食事時間、または睡眠不足など普段何気なくしてしまいがちな生活リズムの乱れは肌に大きな影響を及ぼしてしまいます。生活のリズムが乱れると自律神経の乱れにつながってしまいます。自律神経は外部からの刺激や自分の感情などに適応して体の機能をコントロールしてくれている神経です。

自律神経によって人間は体温調節をしたり、感情をコントロールしています。この機能が乱れてしまうと、血行不良を引き起こして体が冷え、さらには肌のくすみを生じさせてしまうことになってしまいます。

自立神経は、季節や気温の変化、ストレスなどと大きく関係していて、内臓の働きなどにも影響を及ぼすのです。このようなことから自律神経が乱れてしまうと、食欲不振などを引き起こして偏食につながり、肌細胞のすみずみまで栄養が行き届かず、たるみや乾燥などという肌のトラブルの原因になります。脳の血流活発になって肌へ流れるのは主に夜間であり、十分な睡眠ができないと肌にはとても悪影響です。

くすみのほとんどの原因は様々な要因からくる血行不良によるもので、血流が悪くなるとともに、肌の健康的な赤みをひきだす血液中のヘモグロビン量が減少してしまうことです。一日の疲れを入浴やたっぷりの睡眠で回復させて、次の日の肌にひびかせないようにしましょう。

くすみ対策


ウェディングドレス レンタル
http://www.ozoz.co.jp/

ナース白衣
ナース白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!